導入事例:オーエスディー合同会社 | MeeTruck(ミートラック)運送会社向け業務支援サービス

毎日30分かけていた入力作業がゼロに。

オーエスディー合同会社
写真左から担当営業 小西、運行管理者 長田真理様

保有台数 10~30台
事業領域 一般貨物自動車運送事業
所在地 三重県北牟婁郡紀北町
社名 オーエスディー合同会社
質問
導入していただいたきっかけを教えてください。
回答

会社規模が大きくなり、配車台数が増えるにつれて、事務作業に要する時間が増えてしまい、これを簡単にできないかなと考えていました。
もともと、複雑な事務作業をExcelで全て管理することには、抵抗がありました。
さらに、荷量も増え、膨大な数の案件を急いで締め、請求書を発行していくことが、大変になってきたこともあり、請求業務も同時に効率化したいと考えていました。

質問
導入されるときのイメージはいかがでしたでしょうか?
回答

「うちがほしいシステムだな」と感じました。一度案件を入力すると、ドライバーに作業指示も渡せ、情報が連携されて請求業務まで対応できる。ドライバーごとの売上や、協力会社様への発注業務も一元管理でき、「良いかも」と思いました。特に、仮請求書で、お客様にも請求内容の確認を頂けることが、うちにマッチしていましたね。

質問
導入されたことで、解決できたのはどのような部分でしたか?
回答

データを二重に入力しなくて良くなったことが一番大きいです。これまでは、Excelで作成した請求明細を事前にお客様へ送付し、確認いたただいた後に、さらに請求書を作成しなければならず手間だと思っていました。現在は、MeeTruckに案件と運賃を入力しておくことで、仮請求書も作成出来るので、かなり楽になりました。

質問
導入後の変化はいかがでしたでしょうか?
回答

入力業務の負荷分散ができるようになりました。今までは自分しか出来なかった入力業務を、MeeTruckの使い方さえわかれば、誰にでも任せられるようになったので、離れた別の事業所の社員にも依頼できるようになりました。おかげで、他の業務もあわせ、事務作業全般が効率的に進められるようになりました。

質問
MeeTruckを使って請求書作成の時間は減らせましたか?
回答

一日あたり30分かけていた請求書作成のための入力業務がゼロになりました。
MeeTruckを導入したことで実績照会まですぐに確認できるようになり、大変良いですね。

質問
導入する上で苦労されたことはありますか?
回答

苦労はありませんでした。実際に自分で使った方が理解しやすいと思いました。
MeeTruckに慣れない間は、「とりあえず触ろう」と思い、操作し始めましたが、難しくなかったです。